特定非営利活動法人 グループホームネット香川
サイトマップ お問い合せ






電話でのお問い合せ
087-885-5270
受付時間
AM10:00〜PM5:00
お気軽にお電話下さい。

〒761-8044
香川県高松市円座町
 1124番地6/2F
電話 087-885-5270
FAX  087-887-5955

あゆみ

当会の歩み

 設立から現在に至るまでの沿革

1996年 12月 香川の精神保健福祉を考える会(以下、考える会)結成に向けての懇談会が始まる。
月に1回程度集まって、現在の精神保健福祉に関する実情や支援システムなどの話し合いを繰り返していく中、特に社会的入院の多さに対して、解消のための地域での受け皿が少なすぎること、地域生活を支援するためのシステムが育ってないこと、精神保健福祉の領域における福祉的施策の遅れが話し合われた。
その中で、発足当初から「グループホーム」についての関心が高かった。
それは、当時香川県には1〜2ヶ所しか「グループホーム」がなく、精神病院における精神障害を持つ人たちの社会的入院に対する、地域での受け皿の役割として、これから必要になると思われたからである。
  ▲TOP
1997年 9月 考える会として正式に発足する。
「ポストの数ほどグループホームを」をスローガンに、開設に向けて準備が行われた。
グループホーム開設するためには、多くの準備資金やマンパワーを必要とし、会費を集めたり、カンパを募ったり、集いを開いたりと準備に1年を要した。
  ▲TOP
1998年 1月 高松市花ノ宮町にグループホームとして、利用する物件を契約するに至った。
同年2月より入居者を迎え入れて、スタート。
4月 当初、考えていたより経済的な困難さ、また運営方針やスタッフの支援体制に問題が出てきたために、一時閉鎖を余儀なくされる。
8月 これまでの経験を生かし、様ざまな問題を解決し、再出発することを決断し、3ヶ月にわたり問題について試行錯誤の上で、検討し、新しい世話人と共に、同じ場所でグループホーム「ビアーズ館」として再びスタート。
9月 正式に、1人目の入居が決まり、ついで同年10月に2人目、明けて翌1999年1月に3人目と入居者を迎えて、運営も次第に軌道にのる。
  ▲TOP
1999年 4月 考える会がNPO法人の申請が県から認証されて、グループホームとしても正式に認定されて、補助金によりまた1歩、運営の安定にも繋がった。
また、6月には新たに4人目の入居者も決まり、入所者4人での生活がスタートする。
月に2回第1、第3金曜に、運営会議も兼ねて理事会を開催する。
  ▲TOP
2000年 考える会として、会報「ニーズレター」を毎月発行する。
  ▲TOP
2002年 会報「ニーズレター」季刊誌になる。
1名退去後、8月に新たに1名が入居。
  ▲TOP
2003年 翌年まで、年1回のペースで「香川の精神保健福祉を考える集い」と題して、講演会活動を行うが、マンパワーの不足のために縮小。
4月 これまで世話人をされていた方が、実家のご都合により辞められることとなったため、新たに世話人を迎えて、スタートする。
グループホーム発足から4年半が経過し、このころから、考える会のあり方やグループホームの運営について、考えるばかりで行動に移していけなかったこれまでの当会の活動に対しても反省し、見直しをして、いくつかの作業部会に分業を行う。
10月 設立から4年が過ぎ、当初のスローガン「ポストの数ほどグループホームを」をもう一度思い出そうということで、設立当初から考えられていた、2号館の立ち上げに向けて「グループホーム設立研修会」を10月から翌年2月まで7回シリーズで行う。
  ▲TOP
2004年 4月 グループホーム設立研修会に参加していただいた人と考える会とで、2号館設立に向けての準備グループ「リトルブレイブ」を発足。
月に1回程度、会合を開き2号館立ち上げの準備を進める。
住みやすい場所を探すため、2号館の物件探しに現在住んでいる入居者も参加してもらう。その活動の中で、自分たちの住む場所についてもより住みやすい場所をというニーズがでて、先にビアーズ館の移転問題が話合われることになっていく。
その中で、1名の入居者が退去。
  ▲TOP
2005年 2月 半年がかりで10数件物件をあたり、花ノ宮町から現在の仏生山町に移転
アパートを借り、形態も変わったことによりグループホームの名称も「ビアーズ館」から「コーポ・ビアーズ」(以下、コーポ)へ変更。4月には新たに1名の入居者。
5月 法人名もグループホームの運営を主たる事業としてこれから進んでいこうという決意のもと「グループホームネット香川」と名称変更する。
9月 引き続き物件探しを継続し、リトルブレイブから新たに世話人を迎え、宮脇町に「ビアーズ2号館」(以下、2号館)を開設
コーポにも新たに1名入居し入居者5名となる。
10月 昨年から香川県全域で始まった退院促進事業ともかかわりを深くし、住む場所としてのグループホームのニーズの高さを改めて知ることなる。
同年12月までにはコーポも2号館も満室となり入居者が11名となる。
  ▲TOP
2006年 10月 障害者自立支援法施行
12月 利用申し込みの多さからコーポ、2号館ともに受け入れを1名ずつ増やし、入居者13名へ、3号館の開設を急ぐことになる。
  ▲TOP
2007年 1月 春日町に「ビアーズ3号館」を開設
2月    コーポ 新たに1部屋増やして定員7名に
3月 3号館 第一号入居者
6月 3号館 急きょホームワーカーの交代
10月 第11回 花園荘講演会  入居者が講演する
11月 退院促進事業キャラバン隊 に入居者から講演活動
2号館 定員1名増やして計8人になる
  12月 なかなか入居者が決まらず、約1年で 定員6名
  ▲TOP
2008年 4月 ホームページの運営スタート
6月 コーポ 新たに1部屋増やし定員8名へ
8月 法人の規模が少しずつ大きくなってきたことに伴い体制や運営についての
見直しを始める。
11月 百間町に新たなグループホーム「ビアーズ4号館」を開設
12月 新規グループホームは順調に入居者を増やす
  ▲TOP
2009年 1月 4号館 定員5名に
7月 3号館の定員を1名増やし計7名となる。
8月 5号館の準備をしてスタートを始める
9月 体制や運営の見直しを本格化 
定款や運営体制、事務所移転についても検討にはいる
10月 スタッフの都合により、5号館が続けられなくなり改めて仕切りなおすことに
12月 4号館1部屋増やして定員6名へ
  ▲TOP
2010年 1月 一般のアパートへの転居した第1号!!
3月 数々のトラブル発生 新たに体制の見直しを進める。
7月 事務所を円座町に移転し、新たな運営体制をスタートする。
役員改選で理事長の交代
法人外部から講師を招いて、ホームワーカー研修がスタート
  ▲TOP
2011年 2月 入居者の入院が増えたことを機に、入居者とのかかわりをテーマとした研修の充実化を図る
4月 3月から4月にかけて4名の入居者を迎える。
6月 2011年度 定期総会を開催
7月 高松市より実地指導
10月 障害者自立支援法改正に伴う、グループホーム入居者への家賃補助制度が施行
  ▲TOP
2012年 1月 岡山県の社会福祉法人 あすなろ福祉会から講師を招き、「イタリアの精神保健福祉」をテーマにし、理事、職員、入居者を対象に法人研修を実施
4月 情報の共有化と支援体制の強化を図るため、ホームワーカー会議の開催を月1回から2回に変更する。
改正特定非営利活動促進法が施行
5月 岡山県の社会福祉法人 あすなろ福祉会から講師を招き、「デンマークの社会福祉」の話を通して、ノーマライゼーションをテーマに、理事、職員、入居者を対象に法人研修を実施
6月 2012年度 定期総会を開催
9月 経理について公認会計士 1名に会計顧問として相談できる体制ができる。
10月 岡山県の社会福祉法人 あすなろ福祉会から講師を招き、「リカバリー」をテーマに理事、職員、入居者を対象に法人研修を実施
障害者虐待防止法が施行
12月 防火設備の整備(防炎カーテン)
  ▲TOP
2013年 大規模減算の解消のため、仏生山の居室を1室減らし定員を29名へ
3月 岡山県の社会福祉法人 あすなろ福祉会から講師を招き、「WRAP(元気回復行動プラン)」をテーマに、理事、職員、入居者を対象に法人研修を実施
4月 「障害者自立支援法」から「障害者総合支援法」へ
6月 2013年度 定期総会を開催
ホームワーカー会議に経験のあるソーシャルワーカーをアドバイザーとして招き、会議の充実化を図る
12月 職員向けに障害者虐待防止研修を実施
  ▲TOP
2014年 4月 法改正に伴う、グループホーム・ケアホームの一元化
障害者虐待防止マニュアルの改訂
6月 2014年度 定期総会を開催
役員改選が行われ、理事長が交代
7月 職員の勤務時間を従来から1時間拡大
大規模減算の解消のため、宮脇の居室を1室減らし定員を28名へ
12月 臨時総会開催 監事2名の交代
  ▲TOP
2015年 1月 岡山県の社会福祉法人 あすなろ福祉会から利用者、職員を招いて、体験発表を中心とした交流会を開催
2月 GHで火災事故が発生
3月 臨時総会開催 定款変更
火災事故を受けて、入居者と職員が香川県防災センターに行き、防災訓練実施
6月 2015年度 定期総会を開催
9月 法人研修として、徳島県の社会福祉法人 ハートランドが運営する就労継続支援B型事業所 街の中の喫茶店 あっぷる、Apple Sweets工房を見学
11月 理事が講師となり、理事、職員、入居者を対象に法人研修を実施
仏生山、宮脇、百間町の居室をそれぞれ1室減らし定員を25名へ
12月 職員配置基準を6:1から5:1へ変更
  ▲TOP
2016年 1月 高松市より実地指導
2月 避難訓練実施
理事が講師となり、理事、職員、入居者を対象に法人研修を実施
3月 香川県防災センターに行き、防災訓練実施





Copyright(c)2007-2016 Grouphome Net Kagawa All Rights Reserved.